• atsukohoshi

ポルトガル語 物を探す(たずねる)

更新日:9月24日


 海外に行く時、必須単語ってありますよね。その中の一つが


「〇〇は、どこ?」



それを知らないとまず、トイレの場所をたずねる事もできません😓 スーパーやレストランも聞けない事になります。。。大変大変!!!

日本の語学教室で一般的に習う「〜は、どこ?」を表すポルトガル語の疑問詞は


「onde」と「aonde」


です。


 えっ??ポルトガル語の「〜は、どこ」の表現は二つあるんですか⁉

gif

 答えはNO!!!!!!!!!!!!

 実際は三つです!!


 えぇ?!そ、そんな事ってあるんですか??

gif

 と、生徒様に苦笑いで聞かれます。生徒様の顔は、もちろん笑顔が引きつっていて、心の中では「そんなに覚えられないよ〜」と読み取れます。私もそう思っていますよ!!


でも、ここで一気に3つ目を覚えてしまいましょう!


 「onde」「aonde」ともう一つは

「cadê」


 となります。文法上はそれぞれに違いがありますが(それはレッスンで教えますね)、特に「あるはずのものが見つからない場合」に使われるリアぽ「cadê」になります。


 ブラジルに行くと「カッデ〜?」と聞こえて来ます。またSNSでは「cadê?」と書いていなくて「 kd?」と省略しています。どの国も、若者はすぐに新たな表現を作ってくれて、大人はついていくのがやっとですね・・・・・・

  • Cadê a minha caneta? (私のペンはどこ?)

  • Cadê a minha chave?(私の鍵はどこ?)

  • Cadê a meu carro???(私の車はどこ?)


←大変!!ブラジルでは盗難の可能性が高い・・・・私の場合は年齢の問題??😅💦💦


 それはさておき、上の例のように、あるはずのものが見当たらないときに、この「cadê」がよく使われます。


 ここでお知らせがあります(^▽^)/。


 2022年8月6日(土)「人生100年時代 健康な歯を維持するためのヒント」と題したイベントを、ブラジルサンパウロ市内で実施します。


 詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください↓。





\ブログランキング投票ボタンです↓↓ 応援よろしくお願いします。/


↓無料体験レッスンはこちらから


↓コンサルティングはこちらから


新たなイベント情報、ブラジル国内のニュース解説、ポルトガル語のワンポイントレッスン、お得なクーポンなどを無料で1回/月を標準として配信しております。

メールマガジンの配信を希望される方は、メールアドレスを登録してください。


 メルマガのサンプル(メルマガNo2)はこちらから 





閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示