• atsukohoshi

人生100年時代のポルトガル語

更新日:9月24日

 Oi gente!! Tudo bem?

 海外に住むことは多くの人にとってSTRESSFULですよね。まず最初のは「言語

 

 その国で普通に買い物や病院などで、人と話せるのかしら・・・🤔🤔

gif

 私も海外に住んでいたので、その壁には理解ありです😃!!

 でも・・・正直言うと

なんとかなる!


 だって、私の母親(日本人)は40年以上ブラジルに住んでいましたが、ポルトガル語の読み書きは出来ませんでした😓😓。


 会話はコロニア語(ブラジル語と日本語をミッスクされた会話🇧🇷🇯🇵)


 そんな母は80年前は東京の大病院の婦長さんでした。しかも外科!  (なぜブラジルに行ったんでしょうね😅😅💦 → 今でも分からぬ・・・・)


 今思うと、仕事に関してはモヤモヤが、たくさんあったでしょうね・・・  でも、母はしっかりと、そして楽しい人生、そう「Happy life!」を送っていました。

 お料理をするときは、よく鼻歌を♬♪

 

 そうなんです。ブラジルや海外に行っても、言語ができなくても、何とかなるんです。


 ブラジルから日本に出稼ぎで来られている人の中にも、日本語話せない方が結構おられます。

 その理由の一つは、住んでいるコミュニティにブラジル人が多いから。日本語を話せなくてもなんとかなっている。さほど不自由はない。


がっ!!! 


Depends on you!!!

(あなた次第)

gif

 

 「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」という本は、世界的ベストセラーになっていますが、人生は、学生・仕事・老後の3ステージを皆が同じように歩む時代ではなく、マルチステージを生きていかなければならない、ということが書かれています。


 転職も当たり前。60歳を過ぎても仕事をするのは当たり前。人生100年時代、定年が60歳だとして、その後40年も悠々自適の老後生活が送れる時代ではないとも書かれている。


 長い人生を充実したものにするには、自分のスキルや知識を増やしておく必要がある。3ステージの人生であれば、学生時代に勉強して、その貯金で仕事の期間を乗り越える、というのが一般的でしたが、もうそれは通用しない


 日々勉強。仕事をしながらも、新たなスキルを身につけ、転職や再就職、そして新たな人的ネットワークの構築につなげていく。そんな時代になっているんだと、この本を読んで改めて感じました。


 私は日本からブラジルへ移民した両親とは真逆で、ブラジル→日本。私はブラジルで歯科医師でしたが、ブラジルの歯科医師免許は日本では使えない。その結果、来日した私のステータスゼロ

 

 日本語の読み書きも出来ず😓。当時は自分の評価は幼稚園児以下だと思っていました。


 その上、顔(血液)も日本人なので、周りから言語だけではなく、日本で生まれ育った方々と同じことを求めまれる事が多かった・・・・。でも、なんとか 生活はできた🌸


でも自分はそれがとてもでした。

gif

 日本に来て、日本語の勉強を一からやり直し、日本語検定試験にも挑戦。子供の学校から配られるプリントを理解するのも一苦労でしたが、他のお母さんができることが、できないとは言えない。一歩、一歩でした。


 日本語は、まだまだだと思っていますが、諦めずに日々勉強。その結果、今は歯医者の仕事はしてませんが、語学教師として多くの生徒様との出会いがあり、またコンサルティングなど新たな領域にもチャレンジしてます。


 事業としては、まだまだ小さく、よちよち歩きの状況ですが、日本語のコミュニケーション力を備えることで、人的ネットワークは確実に広げることができました。これまで知り合えた多くの方々とのご縁に、感謝しかありません


 その言語を話せたり、読むことが出来るとビジネスに必要な情報収集情報分析力も格段にアップします。


 また、「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」では、無形資産として活力資産というものが重要と示されています。長い人生、元気に生きていくための健康もその一つですよね💪。


 認知症は、高齢化社会の中で私たちが直面する大きな課題ですが、脳の健康には、脳を刺激し続けることも大切です😃。その点からも、語学学習は適していると思います。


 ですので

「DEPENDS ON YOU !!」


gif

 ポルトガル語は、人生100年時代の無形資産になると思います。


 でも、ポルトガル語が中々理解できない・難しいと思われる方も多いと思います。私の生徒さんにも、なかなか伸びない、とおっしゃる方がいます。でも、私から見ると、格段に上達されている。


 自分が思っている以上に上達しているものです。自分の求めるレベルが高い、もしくは自分のスキルが上がってくると、さらに上のスキルを求めていく、という姿勢によって、上達が感じられないだけなんだと思います。

 

 そうです。言語継続すれば、必ず上達するのです。


 結果はすぐには出ません。個人差もあります😅・・・が、Never Give Up!!一歩一歩前進です。

gif

 また、せっかく習った言語を放置していませんか?お金のような有形資産と違い、語学のような無形資産は、常にブラッシュアップしておかなければ、どこかえ消えていってしまいます。


 銀行に預けていれば、そのまま維持される(少しは増える)有形資産とは違うのです。ですから、学習した新たな言語をそのまま放置しておくのは「もったいない」。とても


「MOTTAINAI」


 多忙な日々の中でも、楽しく話せる・リアルなポルトガル語を聞くことで、マルチステージライフに備えていく。そんな方々のお手伝いを、これからも、しっかりしていこうと思います。


「継続は力なり」


の熟語はポルトガル語でもあるんですよ😄


「Agua mole em pedra dura, tanto bate até que fura」


「agua=水・mole=柔らかい・em=に・pedra=石・dura=固い・tanto=たくさん・bate=叩く・até=まで・que fura=穴ができる」

「柔らかい水でも、固い石にずっと当たっていれば、いつか穴が出来る」


少し難しい日本語だと


「雨垂れ石を穿つ」


ですね。

 

\ブログランキング投票ボタンです↓↓ 応援よろしくお願いします。/


↓コンサルティングはこちらから


新たなイベント情報、ブラジル国内のニュース解説、ポルトガル語のワンポイントレッスン、お得なクーポンなどを1回/月を標準として無料で配信しております。

メールマガジンの配信を希望される方は、次のボタンをクリックして登録ページへお進みください。

↓ メルマガのサンプル(メルマガNo2)はこちらから ↓




閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示