top of page

ブラジルのスタバ| H&Aポルトガル語教室

Oi gente! Tudo bem?



 

 最近少しご無沙汰しておりました。申し訳ございません💦💦 このところ寒暖差が激しくなっておりますが、皆さん体調を崩していませんか?


 さて、ブラジル人のコーヒー好きは言うまでもありませんが、それを象徴するポルトガル語の表現を一つ紹介します!


 「tomar café da manhã」


 それぞれの単語の意味は、「tomar=飲む」、「café=コーヒー」、「da manhã=朝の」ですので、直訳すると「朝のコーヒーを飲む」となるのですが、ネイティブが意味するところは、「朝食を食べる」となります。


朝食とコーヒー

 ブラジル人の1日は「朝のコーヒー一杯」で始まるとも言われますので、朝コーヒーを飲むことが、朝食を食べることと同義になっているのですね。日本での生活がかなり長くなった私も、いまだに朝はコーヒーから始まります!

 

 でも、日本人であった両親のブラジルでの一日は、緑茶で始まっていました😅。なので、「ファシネイラさん」(家事手伝いさん)が家に来ると、母親は彼女のためコーヒーを淹れていました😆


 コーヒーが大好きな私ですが、日本ではスタバをよく利用します。スタバは世界30ヵ国から高品質のコーヒー豆を購入しているようですが、その多くは、ラテンアメリカ産のコーヒーだそうです。


 やはり私の舌は、ラテンアメリカだな!!と感じているのですが、そのクセでブラジルに行ってもスタバに行こうとする私を友人が


「なんでスタバ???」


 「なんでって、コーヒーといえばスタバでしょ!」という私の主張など気にもとめず、「ブラジルにはスタバよりもっと美味しいコーヒー屋さんあるよ。」と言われ、そのまま現地のカフェへ。そこでコーヒーを飲んでみると、これがとってもおいしい!!


スタバ

 さすが本場ブラジル!!でもスタバを愛する私としては、「これはブラジルだけの話だろう」と整理していたところ、先日チリに住んでいる親戚から、「よくカフェでブランチをする」という話を聞き、「場所はスタバ?」と聞いてみると、彼女からは


「スタバには行かないよ〜。現地にはもっと美味しいカフェがあるのよ〜」


とあっさり・・・・・。


 何かがおかしい・・・・・。スタバのコーヒーは間違いなく美味しい。それが証拠に、日本では、スタバを本当によく見かける。こんなに愛されているコーヒーがなぜ???


そこで改めて調べてみましたースタバの店舗数!! 自己満調査ですが・・・・


 日本の店舗数は2023年9月時点で1885店舗。世界で第3位。ちなみに1位は本場アメリカで、1万6466店舗とのこと。アメリカは別格ですね。そして2位が中国の6975店舗。中国、人口が多いですもんね。


 そして注目のブラジルは、およそ187店舗でしたが、2023年の10月に43店舗が閉店して今は144店舗とのこと。チリでも141店舗と、予想以上に少ない・・・・。


 日本の店舗数は、ブラジルの約10倍。ブラジルの面積が日本の約23倍、人口が日本の約2倍にもかかわらず、この結果・・・。そして日本に初めてのスタバが進出したのが、1996年の銀座でしたが、ブラジルに進出したのは、それから10年後の2006年でした。


 スタバは決して安くないので、これは経済力の差かなと思ってもみたのですが、コーヒーにこだわりを持つイタリアやオーストラリアでも店舗数は非常に少ないとのことでしたので、コーヒーにこだわりを持つ国では、外資系ではなく、国内のコーヒーショップが、地元民から愛されているということなんでしょうね。


 コーヒーショップから一般のスーパーに目を転じてみると、ブラジルのスーパーには様々な価額のものが売られていることに気づきます。種類も豊富ですが、忘れてはいけないのはブラジルは格差社会であるということ。中には激安のコーヒーもありますが、値段が安いほどコーヒー以外にとうもろこしや大豆などが混ざっていることもあります。まぁ。。。「安いのには理由がある!」とよく母親は言っていましたが・・・・。

コーヒー豆

 なので、ブラジルのスーパーでコーヒーを購入されるときは、「tipo exportação」(輸出タイプ)と書かれている商品をおすすめします。日本では、このような表記の商品は目にしませんが、このラベルは、輸出もできるように保存方法、パッケージの仕方、そして品質、味にもこだわっている証拠にもなるものなので、日本へのお土産として購入する場合は、このラベルに注目です。



 なお、参考としてこのラベルがついたコーヒを紹介しているホームページのリンクを下に貼っておきますので、興味がある方はご覧になって下さい。



 ブラジル以外のコーヒーで、これは美味しいと感じたのは、生徒様から一度いただいたことがあるインドネシアのコーヒー、ルワックコーヒーですね。ジャコウネコの体内で発酵させたコーヒーとのことですが、インドネシアコーヒーにハマりそうになりました。でもお値段がとっても高く、私のふところでは、ちょっと無理でしたね😅


 スタバも十分高いコーヒーですので、毎日飲むのは難しく、最近はセブンイレブンのコーヒーに満足しています。リーズナブルですが、コーヒー豆をその場で挽いて、香りも楽しめるので、それを片手に職場へ向かう、というスタイルが最近のお気に入りです。


コーヒーカップ

 幸せは身近にある!そのコンセプトを忘れず、毎日を楽しみましょう!


最後にお知らせです!


 H&Aポルトガル語教室では、ブラジルの日常生活などもテーマにしながら、楽しくレッスンを行っております。また、日本とブラジルの文化や習慣の違い、コニュニケーションの仕方の違いなどに注意しながら、確実なレベルアップを目指す効率的なレッスンを進めています。ご興味のある方は是非下👇の動画(26秒)をご覧の上、無料体験レッスンをお申し込み下さい。


文化の違いを理解し、真のコミュニケーション スキルを磨きます(動画26秒)⤴️


 👇こちらの動画も是非ご覧ください(57秒)。

文化の違いを理解し、真のコミュニケーション スキルを磨きます⤴️

 
H&Aコンサルティングのサービス

 


新たなイベント情報、ブラジル国内のニュース解説、ポルトガル語のワンポイントレッスン、お得なクーポンなどを無料で1/月を標準として配信しております。

メールマガジンの配信を希望される方は、メールアドレスを登録してください。


 メルマガのサンプル(メルマガNo2)はこちらから 

H&Aコンサルティング メルマガ


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page