• atsukohoshi

サントスの穴場スポット!! Santos !!!!

更新日:9月24日

9月7日はブラジルの独立記念日です。今年で独立200周年!!VIVA(バンザイという意味)!

各地でイベントやパレードが行われて、皆で祝福!!多くの人たちは「viagem」(旅行)に行きます。その行き先の一つでもあるサントス市について紹介します。


サントス市はサンパウロ市内から車で約1時間。ブラジル、いや南米で最大級の港がある街です。サントスは、大きく2つの地区(サントス市民は勝手に分けています)に分かれていて、一つは「セントロ地区」、もう一つが「ビーチ地区」となります。



サンパウロから車でサントスへ向かうと、まず「セントロ地区」に出会います。そこは、港に近く、市役所や裁判所、有名な観光地、バスターミナルもあって、賑やかな雰囲気です。でも、少し治安が気になります・・・・・・。歴史を感じさせる古い街並みもありますが、空気も景色もさほど綺麗ではないといった印象です。


次に示す博物館などが有名なところです。 ・「Museu do café」(コーヒー博物館) http://www.museudocafe.org.br/

・「Monte Serrat」(モンチセハー丘) http://www.monteserrat.com.br ・「Pelé 博物館」http://www.turismosantos.com.br/?q=pt-br/node/77

サッカー好きな人にうってつけなのが


「サントスFC・スタジアム」⚽️⚽️⚽️


ちなみにサントスFCのあだ名は「ペイシ」。「ペイシ」は「魚」という意味。サポーターの方々も「Eu sou peixe」(「私はペイシを応援しています」という意味)といってチームを応援!!かくいう私も


「Eu sou peixe」です💕


一方、もう一つの地区であるビーチ地区に向かっていくと、景色がガラリと変わり、高級マンションが立ち並ぶ広い海岸に出会えます。セントロ地区に比べると、治安もさほど気になりません。ビーチの近くに住むことは、一種のステータスでもあるので、環境も必然的によくなるといったところです。



ビーチサンダルを履いて歩いている人や、ビキニの女性、上着無しで歩いている男性をよく見かけます。だって、暑いもん😅


ビーチを歩いていて出会うのは「Escultura da Tomie Otake」(TOMIE OTAKE100周年モニュメント)。ここは、サントス日本移民上陸記念碑となります。

Escultura da Tomie Otake


ここでサントスの穴場スポットをご紹介します🙌


まずは

・サントス日本移民上陸記念碑

https://kenren.org.br/antigaversao/ja/federacao/monumentos/?fbclid=IwAR2HsuCfvSbBq2j4wi9HPP8Bora01deXnYtn8ZIVz9X0z2llrBFZr2rPT7I

サントスのビーチを歩いていくと、日本移民上陸記念碑に出会います。戦前・戦後を合わせて、25万人も日本からブラジルへ移民されているのですが、このブラジル日本移民の原点ともいえるサントスには、このような像も建立されているのですよ。


続いて

・Pinacoteca Benedicto Calixto

https://www.turismosantos.com.br/?q=pt-br/content/pinacoteca-benedicto-calixto


20世紀初頭に建てられたこの古い建物は、コーヒー生産で財を成したオーナー宅だったもので、今は美術館として使われています。美術館の名前に付されている「Calixto」はブラジル20世紀画家の1人であり、当時、彼が描いたサントスの絵がたくさん展示されています。


また、美術館の庭にはカフェがあるのですが、なんだかフランスを思い出させる雰囲気で落ち着きます。ランチも楽しめるし、駐車場もあるので、少しのんびりしたい時にはぜひお勧めです!!!




Bolo geladoと言いうココナッツのスウィートを頂きました😀


お次は

・Museu do Mar

https://museudomar.com.br/

ここはお魚の博物館になります。こちらも海岸沿いにあって、大きな鯨の骨があったり、魚の剥製があったりと、子供たちには楽しい場所となってます。


続いては

・Orquidário de Santos

https://www.santos.sp.gov.br/?q=portal/orquidario

植物園ですが、鳥や小型の動物もいます。子供向けのイベントも時々開催されています。


お次は食べ物編

サントスといえば魚介類が有名で美味しい💕

・Marisco Lambe-Lambe

こちらの料理はムール貝のご飯煮込み。その名の「lambe」は「舐める」という意味で。ムール貝でご飯を救って食べるので、そこで「marisco lambe lambe」(ムール貝をなめながら食べる)というお料理の名前になっています。


次に紹介するのは、

・Casquinha de siri

こちらは「Siri」というカニの種類で、ココナッツミルクやトマト、デンデ油を使ったカニのお料理が自慢です。


そして

・Arroz de polvo

タコのリゾットのようで、柔らかいタコと、ニンニクや玉ねぎで作られています。タコの足が丸一本入っているのが印象的。


最後に

・Lula a dorê これは絶品!!絶品!!!



「lula」はポルトガル語で「イカ」で、この料理は私や外国人が愛するイカの揚げ物。カリッと揚がったイカにたっぷりのライムを搾って食べます。キンキンに冷えたビール🍺と一緒にビーチで食べると最高です!!


More Santos!!!!を知りたい場合は下記の記事にも書きましたので、ぜひご覧ください。

ブラジル中央協会が発刊している「ブラジル特報」に掲載いただいた記事になります。



次回👆のブログはブラジル人定番のお菓子!!! なんでそんな美味しいの🤔🙄?って、外国の方に不人気な菓子も登場!!!

 

\ブログランキング投票ボタンです↓↓ 応援よろしくお願いします。/


↓無料体験レッスンはこちらから


↓コンサルティングはこちらから


新たなイベント情報、ブラジル国内のニュース解説、ポルトガル語のワンポイントレッスン、お得なクーポンなどを無料で1回/月を標準として配信しております。

メールマガジンの配信を希望される方は、メールアドレスを登録してください。


 メルマガのサンプル(メルマガNo2)はこちらから 



閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示